TOPICS

フレイル予防を実現する「ファインヴィレッジげんき村」と「ちょっとよってこ」

2017.08.10

健康・長寿を司る上で、狭義のクリニックとしてのみならず、介護や福祉まで幅広く携わるおざさ医院。食と運動を管理する一大拠点「ファインビレッジげんき村」の一角には、誰もが気軽に立ち寄れる憩いの場「ちょっとよってこ」があります。

健康・長寿を司る上で、狭義のクリニックとしてのみならず、介護や福祉まで幅広く携わるおざさ医院。食と運動を管理する「ファインビレッジげんき村」はその一大拠点だが、一角には、誰もが気軽に立ち寄れる憩いの場「未来の家・ひかり」がある。別名「ちょっとよってこ」だ。

軒先には玉ねぎが吊るされる静かな佇まいの古民家だが、フレイル予防の観点から要所に位置づけられるという。

高齢になると筋力や精神面が衰える。フレイルとは、英語のfrailtyの訳として「虚弱」の代わりに、日本老年医学会が提唱している言葉だ。

「国を挙げて取り組むフレイル予防ですが、その要点は何だと思いますか? ひとつは『よく噛んで食べること』、そしてもうひとつは『外に出ること』の2点です」(おざさ医院院長 小笹貴夫)

「ちょっとよってこ」には高齢者だけではなく、地域の子どもたちも訪れる。農園で採れた新鮮な野菜を使用した料理を食べたり、苔玉、ブローチ作り、陶芸などの創作教室なども実施。世代の垣根を超えた大家族のようなネットワークが自然に紡がれるという。

「ファインヴィレッジげんき村」と、気軽に立ち寄れる「ちょっとよってこ」が、地域住民の外出を促す役割を効果的に果たすのだ。

神奈川県の茅ヶ崎市で生まれた「医療×食×運動」の温かい空間は、FC展開を計画しているとのこと。日本各地が笑顔で溢れる日が来るのも遠くはないだろう。

写真左から小笹貴夫院長、ファインヴィレッジげんき村後藤村長、小笹深幸CEO

●おざさ医院

●ファインヴィレッジげんき村

【事業内容:医療・介護・福祉、賃貸業、業務請負】

〒253-0011 神奈川県茅ケ崎市菱沼1-4-11 

HP:http://ofc-chigasaki.com/

SUPER CEO Back Number img/backnumber/Vol_45_1596594972.jpg

vol.45

「ファクトリエ」がつくる工場ブランドの製品は、なぜコロナ禍でも売れ続けるのか?

ライフスタイルアクセント株式会社

代表取締役

山田敏夫

「世界に誇れるメイド・イン・ジャパンの一流ブランドを生み出したい」。そんな思いから、代表の山田敏夫氏が2012年にファクトリーブランド「ファクトリエ」を旗揚げ。優れた技術を持った日本国内の工場を開拓し、コロナ渦でも好調な売上を保っている。その原動力となっている山田氏の「熱狂」に迫る。
SUPER SELECTION 医療特化 スーパー・ドクター Passion Leaders
ブランジスタが手がける電子雑誌