TOPICS

すべては企業変革のため!

自らにも顧客にも「覚悟」を迫るあしたのチーム・髙橋恭介氏の半生

2018.06.28

6月28日、人事評価クラウドで中小企業の働き方改革をサポートする株式会社あしたのチームの代表取締役会長・髙橋恭介氏の自叙伝「覚悟の人生 人事評価産業を創る起業家」が幻冬舎より発刊。

1200社以上の人事評価制度の構築に携わり、3年間で売り上げ12倍を実現した、急成長企業を率いる起業家、髙橋恭介氏の赤裸々な告白が綴られている。

「起業10周年を機に、自らの半生を振り返り、人事評価産業を作り上げたいという思いを、多くの企業経営者やこれから起業をする人たちに知ってもらいたくて執筆しました。クライアントである企業経営者に『覚悟』を持って人事評価制度を導入して、会社を変革させてほしいという思いがタイトルにこもっています」(髙橋恭介氏)


◇「覚悟の人生 人事評価産業を創る起業家」
・出版社:株式会社 幻冬舎
・発売日:2018年6月28日(木)
・著者:髙橋恭介


SUPER CEOでは、髙橋氏があしたのチームで構築したビジネスモデルや、その背景にある信念に迫ったインタビューを敢行。あわせて読んでいただきたい。

»給与アップで業績は向上できる 人を育てるフェアな人事評価とは 

»スポーツクラブのスポンサーになるという営業戦略 企業の知名度アップ以外にも効果あり 

SUPER CEO Back Number img/backnumber/Vol_40_1570603811.jpg

vol.40

「人とは真っ当に付き合え!」なぜ、幻冬舎・見城徹は圧勝し続けられるのか

株式会社 幻冬舎

代表取締役社長

見城徹

五木寛之の『大河の一滴』、石原慎太郎の『天才』。そして直近の浜崎あゆみをモデルにした『M 愛すべき人がいて』に至るまで――。数々のミリオンセラーやベストセラーを世に送り出し続けてきた幻冬舎の見城徹社長。 独特の“熱い言葉”が世の中に響き過ぎることもあるが、「圧倒的な結果」を残してきた背景には、見城社長が血のにじむような努力によって作家やアーティストとの関係を丁寧に築きあげ、彼らから絶大な信頼を得ていることが大きい。 人とのつながりをどう作り、強固なものにするのか? あらゆるプロたちに響く、人と仕事に熱狂するためのスピリットを伺った。
SUPER SELECTION 医療特化 スーパー・ドクター Passion Leaders
ブランジスタが手がける電子雑誌